プライバシーポリシー
女性無料健康相談
問診表をご利用ください
漢方処方例
卵子の老化 New
受精障害
AMH 抗ミューラーホルモン
生理痛
卵子や受精卵改善
子宮内膜の改善
産後の体の
  変化とトラブル
産後の体の変化
産後のトラブル@
産後のトラブルA
不妊症かな?
不妊症とは
高プロラクチン
受精卵の着床率
多嚢胞性卵巣症候群
卵巣機能障害
黄体機能不全
排卵障害
不妊検査
機能性不妊
無排卵月経
ちょっと心配
不正出血
生理痛の緩和方法
生理痛と生理不順
おりもの異常
子宮内膜症
子宮筋腫
貧血
冷え性
性病、性感染症
子宮腺筋症
メタボリック
エストロゲン
基礎知識
女性の身体
生理のしくみ
妊娠
基礎体温
肩こり
便秘
マメ知識
産婦人科
ダイエット
骨粗しょう症
にきび
しみ、そばかす
コラーゲン
むくみ

排卵障害とは
排卵障害とは、卵子の発育が不充分の場合、排卵が順調に起こらなかったり、重度になると全く排卵が起こらなくなります。排卵障害の症状としては、なかなか排卵しない方は、月経不順、月経以外の不正出血無月経になったりします。排卵障害が長引くと不妊の原因にもなります。

排卵とは

排卵は、成熟した卵が、卵胞が破裂して卵巣の表面を破ることで、卵巣外に放出される現象を排卵と言います。正常な方は月経開始から14目頃に、卵巣から卵子が飛び出し、頚管粘液が透明になり分泌物が増加します。
排卵障害の原因
卵巣機能を調節する脳の視床下部や脳下垂体に障害が生じると、性腺刺激ホルモンなどの分泌がうまくいかず、排卵がおこらないことがあります。排卵が起こらなければ月経も見られず、妊娠は成立しません。

視床下部排卵障害
精神的ストレスや体重減少が主な原因です。月経があるのに排卵が起こらない「無排卵周期症」や多数の中小卵胞ができても排卵が起こらない「多嚢胞性卵巣症候群」なども見られます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)
多嚢胞性卵巣症候群は女性の卵巣の中で卵子は成熟するのですが、卵巣の外側の膜がかたく、排卵できない排卵障害の代表的な病気の1つです。多嚢胞性卵巣症候群の診断基準として臨床的には月経不順です。初潮から月経不順の方に多いです。血液中のホルモン検査やホルモン負荷試験、卵巣の超音波検査で診断すると、ホルモン検査では、LHがFSHより多い(正常のときはFSHのほうが多い)という特徴があります。テストステロンもしばしば増加しています。そして卵巣の形態的変化として超音波検査で卵巣の腫大と未成熟な卵胞が数珠上に卵巣表面に並んでいるのが確認できることが挙げられます。

下垂体性機能障害

分娩時の大量出血による後遺症等で、二人目以降の不妊になる「シーハン症候群」。また、下垂体腫瘍による排卵障害などがあります。お乳を出させる作用をもつプロラクチンというホルモンが増えすぎる「高プロラクチン血症」により、無月経や黄体機能不全などが起こることがあります。

卵巣障害
40歳以前に卵子がなくなる早発卵子不全などがあげられます。
西洋医学での治療
排卵誘発剤が主になります。
1.経口排卵誘発剤:クロミッド、フェミロン、セキソビット
2.卵胞成熟ホルモン(FSH)製剤:HMG、ゴナトロピン、ヒュメゴン、フェルティノームP
3.胎盤性性腺刺激ホルモン:HCG、絨毛性ゴナトロピン、ゲストロン
4.高プロラクチン血症:パードデル、テルロン
5.その他、カウフマン療法やHMG製剤を用いて排卵することもあります
東洋医学での治療
無月経・排卵障害の原因は、卵を作り出す力が弱く、脾胃が虚している血虚タイプが多いです。栄養分が子宮卵巣に行き渡らなくなって働きが悪くなり、無月経になります。冷え性で全身の代謝が悪く、エネルギー(気)を上手く全身に送れないタイプです。卵巣、子宮、脳下垂体とどこも悪くなくても、エネルギーがないと上手く活動してくれません。

東洋医学ではこのエネルギーを活発にして、各臓器が動きやすくします。例えば、六君子湯、補中益気湯、当帰建中湯、真武湯など脾胃を活発にしていきます。また、冷えのぼせなどの場合は、桂枝茯苓丸などの抗お血剤を用います。高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣症候群でもその人に応じた漢方薬を症に合わして処方し、まず基礎になる母胎作りを目指します。

享福漢方薬局では、漢方薬を個人個人のオーダーメードでご利用頂けます。どうぞ、お気軽にご相談下さい。
痛みや出血等、明らかな症状があっても、なかなか医療機関を受診しない人がいます。特に10代の女性は産婦人科に行くことに対する羞恥心が強いほか、月経や性に関する悩み事を恥ずかしく思いがちです。

また、高齢の女性では、医療機関に行くと、痛いことをされるのではないか、悪い病気だったらどうしよう・・・などといった心配もあることでしょう。そのため出血などで下着を汚しても家族に隠す人が少なくありません。その結果、重大な病気の発見が遅れて手遅れになることもしばしばあります。

女性特有の症状も、女性同士なら話していただけるのではないかと思います。些細な事でも、気になることがありましたら、まずはメール又はお電話にて、ご相談ください。

  メールアドレス kyoko@kyofuku.co.jp    健康相談電話  052-861-5518


Copyright(c)2005 KYOFUKU,Inc. All Rights Reserved.