プライバシーポリシー
女性無料健康相談
問診表をご利用ください
漢方処方例
卵子の老化 New
受精障害
AMH 抗ミューラーホルモン
生理痛
卵子や受精卵改善
子宮内膜の改善
産後の体の
  変化とトラブル
産後の体の変化
産後のトラブル@
産後のトラブルA
不妊症かな?
不妊症とは
高プロラクチン
受精卵の着床率
多嚢胞性卵巣症候群
卵巣機能障害
黄体機能不全
排卵障害
不妊検査
機能性不妊
無排卵月経
ちょっと心配
不正出血
生理痛の緩和方法
生理痛と生理不順
おりもの異常
子宮内膜症
子宮筋腫
貧血
冷え性
性病、性感染症
子宮腺筋症
メタボリック
エストロゲン
基礎知識
女性の身体
生理のしくみ
妊娠
基礎体温
肩こり
便秘
マメ知識
産婦人科
ダイエット
骨粗しょう症
にきび
しみ、そばかす
コラーゲン
むくみ

不妊症について
不妊症とは「妊娠を希望する男女が、2年以上性生活を行っても妊娠しない状態」を不妊症といいます。これは、健康な男女が避妊をせずに性生活を送ると、80〜90%のカップルが2年以内に妊娠するというデータに基づいています。逆に言えば10組のカップルの内、1〜2組は不妊です。但し、不妊症であっても、そのカップルが妊娠を望んでいなければ不妊症とは呼びませんし、治療の必要もありません。

妊娠は、男性と女性の複雑な条件が整って初めて成立します。つまり、排卵から受精・着床までのどこかに障害があれば、妊娠は成立しないのです。不妊症の原因は「男性側にある場合」「女性側にある場合」「双方にある場合」などがあり、約半数に男性が関与しています。女性側では卵管やホルモン分泌の障害、男性側では精子の数や運動性などに問題があることが多く、また不妊症の原因がいくつか重なっていたり、はっきりした原因がつかめない場合も少なくありません。
女性の不妊症の原因
排卵障害(卵巣機能不全・黄体機能不全)
卵巣機能を調節する間脳や下垂体の機能や、卵巣の機能に障害があると、無月経や月経があっても排卵を伴わない無排卵周期症、黄体ホルモンが十分に分泌されない黄体機能不全などが起こりやすくなります。排卵が起こらない場合には、妊娠は成立しません。詳しくは排卵障害のページをご覧下さい。


卵管異常
卵管に炎症が起こり、卵管が癒着したり閉塞したりすると受精は成立しません。このような卵管性不妊では、卵管の詰まった部分を取り除く治療が必要です。炎症の原因としては、子宮内膜症・性感染症・卵管炎・さまざまな手術の後遺症などがあります。

着床障害
受精卵が子宮内膜に着床しにくい着床障害の主な原因は、子宮腔異常(子宮筋腫や内膜ポリープ)、子宮の形態異常、子宮内膜炎、黄体機能不全などがあります。

子宮内膜症
子宮内膜と同様の組織が、子宮以外の骨盤内などに増殖するのが、子宮内膜症です。子宮内膜症が卵巣や卵管に起こると、周囲の臓器と癒着したり、また卵管が狭くなったり、詰まったりして不妊症になることもあります。
男性の不妊症の原因
男性不妊とは、WHO(世界保健機関)の基準では、1回の射精量が2ml以上、精液1mlあたりの精子の数が2000万以上、運動率50%以上、奇形率15%以下を正常としています。この基準に達しない場合を不妊症と診断しています。

精子形成障害障害
精子を形成する精巣(睾丸)機能に障害があり、精子の数が少ない乏精子症や、全く精子が造られない無精子症があります。男性不妊の原因の中で、最も多く約90%を占めています。精子形成障害で、原因がわかっているもので、最も多いのは精索静脈瘤です。原因がわかっているのは約半数で、残りの半数は原因不明(突発性)です。

欠精子症(1ml中の精子数が2000万個以下)
治療の目安として、基準をやや下回る程度であれば、タイミング法で様子を見ます。2000〜3000万以下なら人工授精、300万以下では体外受精、100万以下なら顕微授精の対象となります。
・無精子症 精液中に精子がいないもの
・精子無力症 前進する精子が50%未満、又は活発な直進運動をする精子が25%未満
・精子死滅症 精液中に精子が死んでいるもの
・無精液症 精液が射出されないもの
・膿精液症 精液に白血球が混入しているもの
・血精液症 精液に血が混入しているもの

精子輸送路通過障害
先天的に精管が欠損していたり、精嚢・精巣上体が発育不全の場合や炎症を生じて精管が閉塞した場合は、精子が輸送されず不妊症になることがあります。・閉塞性無精子症 精管の一部が欠けていたり、狭くなっているために精子が通過できずに無精子症になっている場合をいいます。先天性の場合もありますが、小児期の鼡径ヘルニア術後、外傷や炎症の後遺症でなることがあります。

精巣上体炎:結核や性行為感染症などによって精巣上体炎(副こう丸炎)を起こし、精管をふさぐことがあります。

逆行性射精:精液がペニスの方に流れず、膀胱へ射精されてしまう状態。先天性以外に、前立腺の手術や糖尿病が原因になることもあります。

副性器障害
前立腺などの副性器に炎症が起きたりすると、精子の動きが悪くなるため、受精しにくくなります。

性機能不全
膀胱に精液が逆流する射精障害や、心因性の性交障害があると、不妊症の原因になります。

人工授精
精子の数が少なかったり、運動性が不良で不任になっている場合には、排卵の時期に合わせて精子を直接子宮腔内に注入します。人工授精は女性の体内で受精が行われるため、自然な妊娠に極めて近いと言えますが、女性側に卵管性不妊や排卵障害がないことが前提になります。


体外受精
体外受精は培養液の中で卵子と精子を受精させ、その受精卵を子宮に戻す方法です。元来、卵管閉塞などの卵管性不妊の女性のために開発されましたが、最近では乏精子症や精子無力症などの男性不妊、または原因がわからない場合にも行われるようになりました。

痛みや出血等、明らかな症状があっても、なかなか医療機関を受診しない人がいます。特に10代の女性は産婦人科に行くことに対する羞恥心が強いほか、月経や性に関する悩み事を恥ずかしく思いがちです。

また、高齢の女性では、医療機関に行くと、痛いことをされるのではないか、悪い病気だったらどうしよう・・・などといった心配もあることでしょう。そのため出血などで下着を汚しても家族に隠す人が少なくありません。その結果、重大な病気の発見が遅れて手遅れになることもしばしばあります。

女性特有の症状も、女性同士なら話していただけるのではないかと思います。些細な事でも、気になることがありましたら、まずはメール又はお電話にて、ご相談ください。

  メールアドレス kyoko@kyofuku.co.jp    健康相談電話  052-861-5518


Copyright(c)2005 KYOFUKU,Inc. All Rights Reserved.