プライバシーポリシー
女性無料健康相談
問診表をご利用ください
漢方処方例
卵子の老化 New
受精障害
AMH 抗ミューラーホルモン
生理痛
卵子や受精卵改善
子宮内膜の改善
産後の体の
  変化とトラブル
産後の体の変化
産後のトラブル@
産後のトラブルA
不妊症かな?
不妊症とは
高プロラクチン
受精卵の着床率
多嚢胞性卵巣症候群
卵巣機能障害
黄体機能不全
排卵障害
不妊検査
機能性不妊
無排卵月経
ちょっと心配
不正出血
生理痛の緩和方法
生理痛と生理不順
おりもの異常
子宮内膜症
子宮筋腫
貧血
冷え性
性病、性感染症
子宮腺筋症
メタボリック
エストロゲン
基礎知識
女性の身体
生理のしくみ
妊娠
基礎体温
肩こり
便秘
マメ知識
産婦人科
ダイエット
骨粗しょう症
にきび
しみ、そばかす
コラーゲン
むくみ

メタボリックシンドローム
メタボリックとは「代謝」という意味で、メタボリックシンドロームは代謝の異常がおきている状態を示します。メタボリックシンドロームは内臓脂肪の蓄積が根底にあり、内臓脂肪の蓄積によって高血圧症、高脂血症、糖尿病などの複数の生活習慣病を発症する場合がある事から「内臓脂肪症候群」と呼ばれる事もあります。健康と美容のためにも、食べ過ぎの注意と適度な運動をするように心がけて、内臓脂肪が溜まらないようにすることが大切です。

日本人の死因別死亡割合
悪性新生物(ガン)29,6%
動脈硬化性疾患 29,6%(心疾患 15,4%、脳血管疾患 14,2%)
肺炎 9,6%
不慮の事故 4,1%
その他・・・自殺3.2%、老衰2,3%、腎不全1.8%、肝疾患1,7%、糖尿病1.3% など

メタボリックシンドロームの危険因子
メタボリックシンドロームの危険因子は、肥満、高中性脂肪、高血糖、高血圧です。
メタボリックシンドロームの危険因子の数と心臓病の発生率(動脈硬化の危険性)は
0個1倍、2個5.8倍、3〜4個で35.8倍まで上がります。には

メタボリックシンドロームの診断基準
内臓脂肪蓄積=ウエスト周囲径
男性85cm以上、女性90cm以上(内臓脂肪面積100平方cm以上に相当)

上記に加えて、以下のうち2項目以上該当あり
@血清脂肪異常
 トリグリセリド値150mg/dl以上
 HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれか、又は両方

A血圧高値
 最高(収縮期)血圧130mmHg以上
 最低(拡張期)血圧85mmHg以上のいずれか、又は両方

B高血糖
 空腹時血糖値110mg/dl以上

メタボリック患者数は1300万人と言われています。40〜70歳では、男性は有病者に予備軍を加えると全体の50%、女性は20%となっています。女性は少ないように思えますが、30歳代が2%に比べて、40歳代が14%、50歳代が15%、60歳代が25%、70歳以上が30%と一挙に割合が増えていきます。

更年期障害とメタボリックシンドローム
閉経前後で血中エストロゲン濃度が減少して、様々な症状が出始めます。

閉経前後の45歳〜55歳では、
 月経異常(頻発、稀発、閉経)、
 血管運動障害(ほてり、のぼせ、発汗、動悸)
 自律神経障害(不眠、イライラ、憂鬱、頭痛)

閉経後
 皮膚障害(皮膚、粘膜、乳房の萎縮)
 膣、尿道粘膜の萎縮(性交痛、尿道炎、膀胱炎、尿失禁、老人性膣炎)
 骨粗鬆症(関節炎、腰痛、肩こり、骨折)
 心血管系疾患のリスク増大(脂質代謝異常、動脈硬化、虚血性心疾患)
 認知障害(アルツハイマー)(健忘、思考障害、認知障害、徘徊等)

日頃の何気ない症状でも、エストロゲンの低下によりサインは出ています。
・食事内容や生活習慣も変わっていないのでコレステロール値が高くなった
・しみ、しわ、たるみが気になりだした
・頭痛、肩こりが頻繁に起きたり、、背中、胸がシクチクする
・ふわふわ感がある
・イライラしたり、落ち込んだりしやすくなった
・寒がり、暑がりが極端になった
・毛が抜けやすく、髪の質が変わった
・カサカサの皮膚
・便秘になった
・太ってきた
・やる気が起こらない
・むくみが出てきた
・声がかすれる
詳しくはエストロゲンのページをご参照ください。

このような症状が出始めると、エストロゲンの低下によって、メタボリックシンドロームも出やすくなります。性ホルモンの働きが悪くなると代謝が下がるためです。

健康と美容のためにも、食べ過ぎの注意と適度な運動をするように心がけて、内臓脂肪が溜まらないようにすることが大切です。また、漢方薬はこういった女性特有の症状も得意分野です。いつまでも若々しい心身作りをしてみませんか。

痛みや出血等、明らかな症状があっても、なかなか医療機関を受診しない人がいます。特に10代の女性は産婦人科に行くことに対する羞恥心が強いほか、月経や性に関する悩み事を恥ずかしく思いがちです。

また、高齢の女性では、医療機関に行くと、痛いことをされるのではないか、悪い病気だったらどうしよう・・・などといった心配もあることでしょう。そのため出血などで下着を汚しても家族に隠す人が少なくありません。その結果、重大な病気の発見が遅れて手遅れになることもしばしばあります。

女性特有の症状も、女性同士なら話していただけるのではないかと思います。些細な事でも、気になることがありましたら、まずはメール又はお電話にて、ご相談ください。

  メールアドレス kyoko@kyofuku.co.jp    健康相談電話  052-861-5518



Copyright(c)2005 KYOFUKU,Inc. All Rights Reserved.