プライバシーポリシー
女性無料健康相談
問診表をご利用ください
漢方処方例
卵子の老化 New
受精障害
AMH 抗ミューラーホルモン
生理痛
卵子や受精卵改善
子宮内膜の改善
産後の体の
  変化とトラブル
産後の体の変化
産後のトラブル@
産後のトラブルA
不妊症かな?
不妊症とは
高プロラクチン
受精卵の着床率
多嚢胞性卵巣症候群
卵巣機能障害
黄体機能不全
排卵障害
不妊検査
機能性不妊
無排卵月経
ちょっと心配
不正出血
生理痛の緩和方法
生理痛と生理不順
おりもの異常
子宮内膜症
子宮筋腫
貧血
冷え性
性病、性感染症
子宮腺筋症
メタボリック
エストロゲン
基礎知識
女性の身体
生理のしくみ
妊娠
基礎体温
肩こり
便秘
マメ知識
産婦人科
ダイエット
骨粗しょう症
にきび
しみ、そばかす
コラーゲン
むくみ

産婦人科で診察できること
腫瘤、腹部暴満、かゆみ、おりもの、腫れ、ガン検診、性感染症、発熱、めまい、冷え症状、尿の症状(頻尿、血尿、失禁)、更年期症状、便通異常、避妊相談、不妊相談、性生活相談、肥満相談
産婦人科のかかり方
産婦人科というと、妊娠や出産のための科というイメージが強いようです。しかし実際には子宮や卵巣などの女性特有の臓器にかかわる疾患はもちろん、それ以外の多くの疾患も診察し、治療を行っています。女性にかかわる病気や悩み事全般を取り扱っている産婦人科は、専門の医療機関で治療を受ける前に、広い視野でどのような治療を受けるべきかを判断する科といえます。
上手なかかり方
産婦人科の診察では、次のような情報が重要になります。受信する前にメモにまとめておくなどして、医師に正確に伝えられるようにしておきましょう。
 @ なぜ診てもらいたいのか
 A どんな症状があるのか
 B 月経について(最終月経はいつ始まったかなどの月経に関する事柄)
 C 妊娠分娩歴(いつ、何回、何人)
 D 既往疾患について(他に疾患がある場合、どんな病気か、現在治療中か)
 E 痛み(いつから、どこが、どのように痛いのか)
 F 出血(月経時以外の出血、月経が長引いて出血がなかなか止まらない等)

痛みや出血等、明らかな症状があっても、なかなか医療機関を受診しない人がいます。特に10代の女性は産婦人科に行くことに対する羞恥心が強いほか、月経や性に関する悩み事を恥ずかしく思いがちです。

また、高齢の女性では、医療機関に行くと、痛いことをされるのではないか、悪い病気だったらどうしよう・・・などといった心配もあることでしょう。そのため出血などで下着を汚しても家族に隠す人が少なくありません。その結果、重大な病気の発見が遅れて手遅れになることもしばしばあります。

女性特有の症状も、女性同士なら話していただけるのではないかと思います。些細な事でも、気になることがありましたら、まずはメール又はお電話にて、ご相談ください。

  メールアドレス kyoko@kyofuku.co.jp
  健康相談電話  052-861-5518


Copyright(c)2005 KYOFUKU,Inc. All Rights Reserved.